あなたの髪ダメージレベルはどの段階?!髪のダメージとその対策・6パターン

あなたの髪ダメージレベルはどの段階?!髪のダメージとその対策・6パターン

あなたの髪ダメージレベルはどの段階?!髪のダメージとその対策・6パターン

髪の「ダメージレベル」はよく聞く言葉だと思いますが、意外と自分の「ダメージレベル」は知らないものです。自分の「ダメージレベル」を知った上で、サロンでの施術やホームケアの手法を決めてみてはいかがでしょうか^^
一般的にちょっと痛んでるレベル
一般的にちょっと痛んでるレベル

・均一なツヤがある。

・スムーズにコームが通る。

・水分をはじく。


キューティクルは整っている。
マトリックスの流失もない。


過度なブラッシングは避ける程度で大丈夫です。


放っておくと危険なレベル
放っておくと危険なレベル

・見た目ツヤはあり、パサつきは無いが、触ってみるとやや手触りの落ちる部分がある。

・スムーズにコームが通る。


キューティクルにやや広がりが出てきているが、マトリックスの流失はほとんどない。


シャンンプー後のトリートメントをしっかりしていれば大丈夫です。


自宅でのトリートメントで修復できるレベル
自宅でのトリートメントで修復できるレベル

・ツヤはあるが、新生部よりパサついて見える部分あり。

・ドライ時はコームにひっかかりがある。

・しなやかさが無くなってきている。ゴワつく。

・ウェット状態では、弾力がやや少ない。


マトリックスの流失が始まっている。


毎日のトリートメントとドライヤーまえの洗い流さないトリートメントを使用しましょう。


痛手を負った兵士状態
痛手を負った兵士状態

・ツヤが鈍くなっている。

・パサついて乾燥している。

・ドライ時にはコームにひっかかりがあって通りにくい。

・ウェット時弾力にややかける。


キューティクルが大きくはがれだし、ところどころマトリックスが流失してしまっている。


パーマやカラーをする場合にはサロンでのトリートメントをしておきましょう。
自宅では必ず毎日トリートメントしましょう。
洗い流さないトリートメントは必須アイテムです。


死亡寸前の瀕死状態!?
死亡寸前の瀕死状態!?

・ツヤがなく、パサパサと乾燥している。

・指を通したときにザラつく。

・すぐに水分を吸い込む。弾力が無い。


キューティクルが大きくはがれて浮き上がり、マトリックスが流失して空洞化している部分がかなりある。


パーマやカラーなどは控えてトリートメントに徹しましょう。
スタイルチェンジするなら切ってしまいましょう。
毛髪補修剤は必須アイテムです。


死亡…!!ダメージ修復不可能><
死亡…!!ダメージ修復不可能><

・極度のパサつきと過収縮

・指を通したときに切れる事がある。

・超吸水毛

・ウェット時にはテロッと軟化した状態。引っ張るとゴムのように伸びて切れる。


キューティクルが大きくはがれて浮き上がり、マトリックスが流失して空洞化している部分がかなりある。


もう切るしかありません。
回復不可能な状態です。
パーマやカラーをしても良い結果は望めません。


Powered by WordPress. Design: Supermodne.