これで「甘いモノが食べたい欲求」とおさらば!読んでおくべき8パターン

これで「甘いモノが食べたい欲求」とおさらば!読んでおくべき8パターン

これで「甘いモノが食べたい欲求」とおさらば!読んでおくべき8パターン

甘いモノの誘惑を打破する行動8パターンをまとめてみました。ダイエット中に辛くなったら是非お試しください。
カフェインを減らす

カフェインを摂ると血糖値を24%上昇します。
血糖値が急激に上昇すると、その後急下降して身体は甘いモノを欲しがります。
カフェインをあまり摂らないようにすることで、甘いモノを食べたい欲求が和らぎます。


水をたくさん摂る

身体が乾いていると甘いモノが食べたくなった経験はありませんか?
甘いモノが食べたい時はまず水をたっぷり摂りましょう。
一定の血圧で血液を循環させるために身体は水を欲しがります。
そのため、水を飲むと砂糖を欲しがるのが止まるだけでなく、身体機能が正常に働くことを助けてくれます。


軽い運動をする

運動によって身体のすみずみに酸素を送り込むことが出来ます。
また運動によって幸せを感じる脳内伝達物質のエンドルフィンが増加します。
そのため気分が落ち込んだときについ甘いモノを食べてしまう、という事を防げるのです。
散歩や買い物なども効果があります。


しっかりと快眠する

快眠することでエネルギーを増大し、甘いモノへの欲求を癒すことが判明しました。
夜更かししているときや徹夜明けなど、つい甘いモノが欲しくなってしまいますよね。
しっかりと睡眠をとることで防げるようです。


脂肪分ゼロ・脂肪ひかえめ食品を減らす

脂肪分ゼロ・脂肪ひかえめ食品は脂肪分を減らした代わりに風味や味を補わなくてはいけないため、実は糖分が多くなっています。
脂肪分ゼロや脂肪ひかえめの食品を買う前に原材料やカロリーを見てみましょう。
“脂肪分が普通”の商品と比べてみるとより違いがわかります。


フルーツや甘い野菜を食べる

どうしても砂糖の誘惑に負けてしまいそうな時には悩むのをやめて甘いものを食べてしまいましょう。
フルーツや甘い野菜を食べるのがベストです。


自然の甘味料を使う

それでも甘いものがどうしても欲しい場合は、自然の甘味料に助けてもらいましょう。
ブラウン・ライス・シロップ(玄米の水あめ)、ヤシ砂糖、ステビアなどがそうです。
これらの甘みのおかげでさほどカロリーを摂らずに甘いものへの欲求を満たしてくれます。


生活にうるおいを与える

日常が楽しく充実している時には甘いものへの欲求がおさまる傾向が見られます。
日々の生活にうるおいを与えることを積極的に行っておきましょう。
うるおいが満たされているとそれ以上何も加えなくてもいいのかもしれません。


Powered by WordPress. Design: Supermodne.