つけまつげを最大限に引き出す10のテクニック

つけまつげを最大限に引き出す10のテクニック

つけまつげを最大限に引き出す10のテクニック

メイクの定番アイテムになったつけまつげ(つけま)。簡単・そして美しく付けるために知っておきたいポイントをまとめまてみます^^
つけまつげをカットするときは『目尻側』
つけまつげをカットするときは『目尻側』

つけまつげを1度自分の目に当ててみて、大きさを見てみます。
もったいないからと言って長めのままで使ってしまうと、サイズが合わずすぐに取れてしまいます。


目の形のカーブに手で曲げる
目の形のカーブに手で曲げる

一度伸ばすと目のカーブに合いやすくはなりますが、カーブが目に合わないと外れてしまうので注意。あまり慣れていない人は、先の丸いピンセットを使って付けましょう。


両端は少し多めにのりを塗る
両端は少し多めにのりを塗る

黒目と目頭の間を始まりにして、つけまの目尻側を指で押さえて形を整える。


伏し目がちにして鏡を見ながらつける
伏し目がちにして鏡を見ながらつける

メイクするときと同じで、鏡をどの位置に置くかで、やりやすさが変わってきます。自まつ毛の生えているすぐ上の皮膚に乗せるようにつけること。


自まつ毛の上から平行に付ける
自まつ毛の上から平行に付ける

のりをぬったらピンセットで真ん中をつまみ、自まつげの上から平行に、フワッと重ねるように付ける。


装着するときは『目尻から』
装着するときは『目尻から』

つけまつ毛は上から乗せるようにすると逆にうまくいかないです。
ポイントは目尻から付けることがキレイに仕上げるコツ。目尻外側に2mmはみ出してつけると目が4mm大きく見える!


目頭は少しあけると外れにくい
目頭は少しあけると外れにくい

ギリギリまでつけると目を閉じたとき不自然になりやすく、涙で接着材が濡れて、外れやすくなってしまいます。


黒目が始まる少し前ぐらいから付ける
黒目が始まる少し前ぐらいから付ける

目頭は少し空けて、目尻は少しはみ出るぐらいにつける。鏡の前で目の付ける位置に沿って当ててみて、 長さが分かったらハサミでカットしてから付ける。


自まつげの上ギリギリに付ける
自まつげの上ギリギリに付ける

ノリが乾ききる前に、先の丸いピンセットでつまみ、中央→目尻→目頭の順に挟んで目のカーブに密着させる。


つけまと自まつ毛をなじませる
つけまと自まつ毛をなじませる

ホットビューラー等で、毛先をカールさせるのがポイント。カールがきつすぎると、つけまつ毛が付けれないので注意してください。


Powered by WordPress. Design: Supermodne.